In holding CCT2021

We are still in the global COVID-19 pandemic, and I believe that every day is a hard time lived for all medical professionals. Although the number of new COVID-19 cases in Japan is declining, the situation remains unpredictable. We should recognize that the number of new cases of coronary artery diseases is not decreasing even under these circumstances, and the total number of cardiovascular-related deaths is much higher than that of COVID-19-related deaths. Even in the COVID-19 pandemic, the catheter treatments for coronary artery diseases are advancing day by day, and new devices are developing continuously. Also, new physicians and medical staffs who aspire to do intervention are emerging every year. High-quality live demonstrations are expected to have a high educational effect, especially in the education system of interventionists and co-medical staffs, and the CCT live demonstrations focusing complex lesions are expected to be able to provide more information to them. It means a stagnation in the cardiovascular examination and treatment when missing the opportunities for enlightening of new devices and educating young physicians and new medical staffs by canceling live demonstrations.

For these reasons, we are convinced that it is our mission to hold CCT in the COVID-19 pandemic, as a place to provide information and to educate catheter treatment to participants, and we have decided to hold CCT2021 by taking countermeasures against COVID-19.

Of course, even after publishing this message, we may face unexpected situations. We are also considering responding flexibly by changing the program, etc. even just before the meeting. We would appreciate your cooperation.

Board Chairperson of the General Incorporated Association CCT
Junji Yajima (The Cardiovascular Institute Hospital)

 CCT2021 開催にあたり

世界的なCOVID-19パンデミックのなか、医療関係者の皆さんは大変な日々を過ごされていると思います。日本でも、新規感染者は減少傾向であるものの、決して油断できない状況が続いております。このような状況下においても、冠動脈疾患による新規患者が減少することはなく、心血管関連死の総死亡数はCOVID-19感染症のそれよりはるかに高いことを認識する必要があると思います。

COVID-19パンデミックにおいても、冠動脈疾患のカテーテル治療は日々進歩しており、新しいデバイスも次々と登場しています。また毎年新規のインターベンションを志す医師やスタッフも誕生しています。特にインターベンション医やコメディカルスタッフの教育システムの中で、質の高いライブデモンストレーションは教育効果が高いと考えられ、CCTのComplex lesion を主体としたライブデモンストレーションではより多くの情報を提供できると考えられます。

ライブデモンストレーションを中止することで、新しいテクニックやデバイスの啓蒙、若手医師・新たなスタッフの教育の機会を逃すのは循環器診療の停滞を意味することになります。

このようなことからCOVID-19パンデミックの中でも、情報提供の場所として、カテーテル治療の教育の場所としてCCTを開催することが、我々の使命であると確信しており、COVID-19感染症対策を十分に行った上でCCT2021を開催することを決定しました。

このようなメッセージを公表した後にも、当然予期せぬ状況に直面する可能性はあります。開催直前においてもプログラムの変更などで臨機応変に対応することも考慮しておりますので、ご協力賜れれば幸甚に存じます。

一般社団法人CCT 理事長
矢嶋純二(心臓血管研究所付属病院)

 

CCT Administration Office
Central Residence 201, 48 Higashiodawaracho, Toyohashi, Aichi 440-0886, Japan
TEL:+81-532-57-1275 / FAX:+81-532-52-2883 / E-mail: secretariat@cct.gr.jp / Find Us on